ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

非正規労働者の結婚問題

非正規労働者の皆さん!このままでいいのですか?

消費増税や物価高などで非正規労働者をめぐる環境は、

ますます厳しくなってきています。


非正規労働者が組織する団体ができて、一斉にストライキを

やれば、政府も企業も目を覚まして本腰を入れて、非正規対策

に取り組むと思うのですが、その動きはまったくありません。


非正規労働者の増加は、同時に「非婚」の増加

非正規労働者の結婚問題を真剣に考えなければ、少子化問題も

解決しません。

その結果として少子化問題とも結びついているのです。

非正規労働者の結婚問題解決が少子化問題解決に繋がる

「有配偶率」という言葉がありますが、

これは結婚している人の割合のことです。


総務省の平成24年度の調査では、実に衝撃的な数字になっています。

まず、結婚適齢期の25歳から29歳で見ると、

正規社員の有配偶率・・・・・33.4%
非正規労働者の有配偶率・・・14.5%

これを、30歳から34歳では、正規社員の有配偶率 60.1%に対して

非正規労働者の有配偶率は、27.1%となっています。


両者の間になぜ、これほどの開きがあるのか。

言うまでもなく、その原因の多くは、収入の問題です。


結婚の壁」という言葉がありますが、その壁とは、

年収300万円のことです。


非正規労働者の平均年収は、200万円にも満たないのが現実です。

これでは非正規労働者は、結婚できません!

しかも、定期昇給、ベースアップなしです。将来の希望もなし?


団塊世代の私としては、こんな劣悪条件でよく我慢して働くことが

できるか信じられません。


男性自身も、最低でも300万円以上ないと結婚には踏み切れないし、

女性も相手にしてくれないでしょう。まれに、お互い好きになれば

何とかなると思っても、女性の親御さんが反対するでしょうね。


このように経済的な理由で結婚できない人たちの増加が、

少子化問題に繋がっているのですが、政治家にはわからないようで

ますます非正規労働者を奴隷化しようとしています。


もっと恐いことは、こうした非正規労働者が独身のまま高齢者に
なった場合です。


厚労省の調査によれば、厚生年金の加入が正規社員は、

ほぼ100%に近いのに対し、非正規労働者の加入は、

51.0%とかなりの開きがあります。


この層の人たちは、国民年金すらまともに加入していないことも

ありますから、将来は「無年金の独居老人」になってしまいます。


最後は、生活保護にすがるようになって、国民の税負担が

ますます増大していくわけです。


なぜ、政権は非正規労働者の増加がもたらす様々な問題から

眼をそらし続けているのか理解できません!


結局、年金問題でもそうでしたけど、ずっと先のことだから

自分達がやらなくてもいいと考えているのでしょう。


こんな頼りない政権に付き合って我慢していないで、

もっと希望をもって毎日を暮らしたいものですね。

関連ページ

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1033 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional