ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

記事の書き方 ネットワークビジネス

インターネットで読まれる記事の書き方

インターネットの記事の読まれ方は、

新聞や本、雑誌などの印刷されたものより、

読まれないということが

ニールセンの調査で明らかになっています。

つまり

印刷されたものと同じ書き方では、見てはくれるけど、

読まれないということです。


言われてみれば確かに、自分もそうだなと、

わかるはずですね。

記事の書き方のことをコピーライティングといいます



では、コピーライティングの四つの基本とは何かというと

1.マイナス四重苦から考える

2.商品ではなく、価値を語る

3.相手のことを思い浮かべる

4.最初の言葉に集中する


個々に説明します。

マイナス四重苦というのは

誰もあなたが書いた記事なんか、興味ないし、知らないし、

読みたくないし、行動しないという四重苦の状態から

記事を考えなくてはいけない。

商品ではなく、価値を語るというのは

ネットワークビジネスとは何ぞやではなくて、

ネットワークビジネスをすることによって、

将来のライフスタイルがどのように変化するかイメージさせる。

相手のことを思い浮かべるというのは

一番伝えたい相手(ターゲット)を具体的に思い浮かべること

どんな悩みをもっているか、世代とかをはっきりイメージする。

最初の言葉に集中するというのは

キャッチコピー(大見出し)から始まる最初の文章が重要。



さらに重要なことは

ユーザビリティを意識したサイトを作る

わかりやすく言えば、使いやすさ、サイト訪問者が不便な思いを

することなく使い勝手をよくする

つまり

記事だけでなく、デザイン、レイアウト、文字の大きさや

文章の区切りなどすべての要素に関係してくるわけです。


記事に限っていえば、「要点がわからん」「やたら長くてくどい」

「読みにくい」とかあれば、いくら良い記事を書いても

読まれずに、すぐに去ってしまいます。

インターネットではユーザーは、

「よく見ない」「よく読まない」「すぐ帰る」

と思って記事を書いた方が良いということです。

自分がネットを利用する時のことを考えればわかりますよね。

たぶん、

サッと目を通して、興味があれば流し読みする程度で、

あまり長いと面倒くさくなって途中で離脱か、

飛ばし読みしておわりになっていませんか?

なぜネットではちゃんと読まれないのか、読まれる記事の書き方は?

ちゃんと読まれないのは、、無料だから?

目が疲れやすいから。欲しい情報量が多すぎるからです。


ではどのように記事を書いたらいいのか?

ポイントはチラッとしか見ない、流し読みされても伝わる

書き方にすることです。

そのコツは、

結論や一番重要なことは最初に書く。

最初の5行の文章に力を集中する。


それから結論にいたった理由や具体的な事例を示して

結論を納得させていくように文章を展開していくことが

良いでしょう。


以上、私が広告代理店で培った知識とネット情報で学んだことを

まとめてみましたが、良い記事を書く大前提はインプットつまり

情報(記事ネタ)収集と本を読んだりして知識を高める努力が必要です。



秘密の成功法





a:900 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional