ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

血液検査 隠れ糖尿病 A1C

血液検査で は、ヘモグロビンA1Cに注目しよう

私は、4週間毎に血液検査を受けています。

主治医と話していく中で得た知識を、
素人からみてわかりやすくお話したいと思います。


血液検査の目的は、
その結果を見て医師がどんな薬を使ったら効果があるのかを
決めることではないかと考えています。


いろいろな検査項目がありますが
臓器毎と血液の状態により、次の5項目に分けられます。

()内が検査項目として表示されています。

  • 肝臓(AST、ALT、yーGTP)
  • 腎臓(BUM、クレアチニン、尿酸)
  • 血液の状態(Na ナトリウム、K カリウム、Cl クロール)
  • 高脂血症(コレステロール、中性脂肪)
  • 糖尿(血糖、A1C NGSP)


    少し前まで血液検査を受ける当日は、

「食事をしないできてください」
と言われませんでしたか?



その理由は空腹時で血糖値を正確に測るためです。

が、「隠れ糖尿病」という病気が発見されてからは

食事の有無は関係なく「何時に食事をしましたか?」

と尋ねられるようになりました。


今は血糖値よりもヘモグロビンA1Cの数値が重要視されています。


何故かと言いますと、
普通食事をすると血糖値は上がるのですが

異常に上がって糖尿病の範囲に入る人(隠れ糖尿病)が

かなり多くいることがわかったのです。


隠れ糖尿病の人は、今までの血液検査の血糖値が正常範囲

だったためわからなかったのです。


それでいまでは、ヘモグロビンA1Cの数値で糖尿病かどうかを

判断するようになりました。


日本糖尿病学会では、
2012年4月1日より、HbA1cの表記を日常の診療において

国際標準値(NGSP値)を使用することに決めて

いますので、検査項目には「A1C NGSP]と表示されています。


参考のために「A1C NGSP]の正常範囲は、4.6~6.2です。

6.0を超えていた場合は、人工透析駅が近づいていますので

食事に気を付けてください。


これらの検査項目を正常範囲にするために、

医師が薬を決めていますが、薬には副作用が必ずあります。


特に、薬の副作用として現れるのは、胃腸への負担ばかりでなく、

肝臓に負担がかかる薬と腎臓に負担がかかる薬があり、

「あっち立てればこっちっ立たず」の状態になってしまいます。


例えば、中性脂肪が高いから下げる薬を飲めば、確かに下がりますが

逆に悪玉コレステロールが増えてしまったりします。


食生活でこれらの数値を正常にできれば一番良いのですが

現実問題として、食事から必要な栄養素をすべて賄うのは

不可能に近いです。


やはりサプリメントを上手く使い、不足した栄養素を

補っていくことで身体のバランスがとれるのではないでしょうか。

関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1630 t:3 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional