ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

胸痛 心臓がドキドキする

初めての入院・大手術から社会復帰を果たした実録レポート


このレポートは、あなたや大切なご家族が、もし入院という

不測の事態が起きた時に、きっとお役に立ちます。


また、今が健康でお仕事に励んでおられる方も、今の健康を

ずっと長く維持してもらいたいという想いからも記しています。

胸痛!心電図検査で狭心症と判明、大手術に至る経緯

最初に、胸痛という自覚症状がでたのは、

東京へ出張した平成4年11月、当時44歳の時です。


東京人は、歩く速度が早くて田舎者の私にはついていくのがやっと
でした。

朝の出勤時、水道橋の長い歩道橋の階段を昇りきった時です。

それまで経験したことのない胸の痛みと心臓のドキドキ感がありました。


歩道橋の欄干に両肘ついてじっとしていたら10分位で胸の痛みは

嘘のように消えました。


その後は、走ったり、緊張状態になると、胸が痛くなり、

心臓がドキドキしました。


じっとしていれば、すぐ痛みは消えたのですが、

念のため総合病院で診察をうけました。


心臓カテーテル検査の結果、狭心症と診断''されました。


心臓の冠動脈が2か所50%狭窄しているということで、

血液をサラサラにする投薬治療をすることになりました。


その当時は、医療技術が今ほど進歩していなくて、投薬治療が中心でした。


酷い場合は、バルーンといって風船のような器具で、狭い部分の血管を

広げていましたが、一時的な治療だったようです。


それから3年後、再度、心臓カテーテル検査で、

前回検査と狭窄部分を比較したが、変化がみられず、

そのまま投薬治療ということになりました。


近所の医院を紹介され、平成24年7月(62歳)で引越しするまで

17年間通院し、投薬治療を継続していました。


その間、幾度か胸痛はありましたが、我慢できる程度だったので、

主治医の指示に従って投薬治療を継続していました。


この17年間の間に、医療技術が格段に進歩し、狭くなった血管を

広げるステント治療も開発され、重篤な患者は、心臓冠動脈バイパス術

も行われていましたが、一般人の私にはそんな情報を知る由もありませんでした。


本来ならば、主治医から

「こういう検査が新しくできたから受けてみたらどうですか?」

と勧めてくれるのが普通だと思うのですが、、、

もし、主治医がそういう情報を私に伝えてくれていたら・・・

と悔やまれる。

同じ内科医でも得て不得手があるのかな?

循環器系、消化器系、風邪ひいたときの内科系とか・・・

内科にかかる場合は、先生の経歴とか専門を調べてかからないといけないね。


それか、通院しても症状が酷くなったり、治らなかったら

病院をチェンジしたほうがいいね。



引越後、近所の医院に変えました。

たまたま、その主治医は、総合病院の循環器科医長をしていて、

近所に開業したばかりでした。


心電図検査の結果をみて、心臓カテーテル検査をすぐに受けられるよう

総合病院の手配してくれました。


指定された日に、前検査のため循環器科へいき、エルゴメーターという

自転車を漕いで、心臓の負荷を調べる検査などをやった結果が、


医師曰く、「両足を棺桶に突っ込んでいる状態、即入院しなさい」

ということで、そのまま救急救命センターへ緊急入院しました。


2日後、心臓カテーテル検査、結果は冠動脈3本の幹線道路が通行止め状態で、

「よくこれで生きていたなぁ」と言われてしまいました。


ステント治療で済めばいいのにという想いは無残にも消えて、

さらに3日後、緊急で心臓冠動脈バイパス術をうけることになりました。


思い出してもゾッとするのですが、

もし引越しなくて、そのまま医院を変えていなかったら、

完全に心筋梗塞で死んでいたと思っています。


胸痛でも体を鍛えるために水泳をしていましたが、

よく救急車のお世話にならなかったか、不思議に思いました。

前の主治医は水泳をやっていることは、知っていたのに・・・

医院を変えたことで命拾いをしました


次回は、冠動脈バイパス手術についてレポートしますね。

関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?





a:1513 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional