ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

老後の生活設計 老後破産

老後破産にならないために老後の生活設計を立てよう

老後の生活設計

アメリカの大リーグMLB(Major League Baseball)で活躍した

松井秀喜選手はご存知ですよね。


松井選手の大リーグ在籍年数は9年ですが、

MLBから年金はいくらもらえると思いますか?


因みに、大リーグの年金は現役時代の成績とは関係なく、

1軍在籍年数の長さによって決まります。

しかも現役選手の時に掛け金や保険料を一切払わなくてもいいのです。


松井選手の場合は、65歳から年金を受け取るとすると、

現実にちかい推定ですが、月額8450ドル、年額で10万1400ドル

ということになるそうです。

日本円で、月収約1000万円、年収1億2000万円を死ぬまでもらえる

ということです。


日本でプレーしていたら、体を故障してやめれば即収入ゼロ。

ちょっと有名になると、大リーグでプレーしたい気持ちもこんな

ところにもあるかもしれないですね。

あなたの老後の生活設計は大丈夫ですか?

さて話を現実に戻して、今現在サラリーマンで、もうすぐ定年退職を

迎える人は、定年後の老後生活設計を考えていますか?


老後は退職金と年金で優雅な生活というのは遠い昔の話で、

今はそれだけでは不十分な時代になりました。

住宅ローンが残っていたりしたら、老後破産へまっしぐらになってしまいます。


年金生活者で老後破産する人は、高齢者世帯の実に半数近くが

いるといわれています。


高齢者の多くが生活保護基準より低い収入で生活している老後破産

状態にあるのが現実なのです


これは脅かしているのではありません。年金生活者の実態です。

数千万の退職金はすぐになくなって消えてしまうようです。


人間は自分にとって都合が悪いことは考えたくもないものですが、

想像してみてください。


年をとるにつれて、退職金もなくなり、年金も減る一方の状態。

仕事をしたくても、働き場所もないし、雇ってくれる会社もない。

結局、お金がないから一日中ゴロゴロ家にいて、食事を削っての生活。

もはや生きていても希望はありません。あるのは絶望だけしかないのです。

あなたはこんな悲惨な老後を考えたくもないですよね。


公務員や官僚のトップクラスで働いていれば、優雅な老後を過ごせる

かもしれませんが、民間非上場の会社の役職者であっても退職すれば

このような悲惨な状況に陥ってしまいます。


中小企業のサラリーマンや体が資本の自営業者にとっては、

さらに厳しく、老後の生活設計は深刻な問題だと思います。


老後に生活が破綻する大きな原因のひとつは、健康問題にあるようです。

夫婦どちらかが倒れてもいけないし、独り身ならなおさらです。


現実に多くの人は、労働に頼る収入しか持っていないのが普通です。

不労所得の確立を目指さないと、老後破産が現実のものとなってしまいます。

老後に体を悪くしても不労所得があれば安心できます。


手遅れになる前に不労所得の確立を、将来に備えて準備を始めてみませんか?


松井選手が体を張って獲得した大リーグの年金額は無理ですが、

一生生活に希望がもてる程度の収入は、充分確保できる方法があります。

この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように

最後までお読みいただきありがとうございました。

a:564 t:5 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional