ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

年金制度破綻とネットワークビジネス

常識的に考えれば、年金制度は破綻します

日本の年金制度は、このままいくと破綻の可能性は、充分あります。

常識的に考えても、いつかは破綻するとしか考えられません。


破綻すれば、現役世代は勿論のこと、現在年金が受給されて

いる人も、受給されなくなるということです。

逃げ切れると思ったら大間違いです。


では、具体的、常識的に考えてみましょう。

日本の年金制度は、現役世代が払う保険料で、受給者が受け取る

年金を賄うという賦課方式を採用しています。

1950年は現役世代、12.1人で1人の年金受給者を支えていました。


それが2012年には、2.6人で支えて、いまの人口構成から

推測した、2060年予想では、1.3人で1人を支えることに

なります。常識的に考えて絶対無理です!


これに反論する厚労省の考えは、賃金上昇率を 3%以上アップ

年金運用利回り 4%以上などという楽観論の数字合わせを

して、何とか国民を騙そうとしているのです。


どう考えても、年金制度を維持するためには、3つの方法しか

ありません。これができなければ破綻ということになります。

1.現役世代の保険料の大幅引き上げ

2.受給者の年金額の大幅カット

3.年金支給開始年齢の大幅引き上げ

この3つしかないことは、誰でもわかります。


事実政府は、一番やり易い3の支給廃止年齢をじわじわ上げて

きています。最終的には、75歳まで上げないと、制度を

維持することはできないという声が専門家から上がっています。


政府が企業利益を優先させるため、非正規労働者を増やしてきた

ので、非正規労働者の約半数が年金保険料を払っていません。


なので、さらに少ない人数で受給者を支えなければなりません。

この面から見ても年金制度の破綻がちかいのは想像できます。


ならば税金投入といきたいところですが、

国家財政もまた、破綻の影がちらついています。


現在、国の借金(主には国債)は、約1025兆円で国民一人当たり

約800万円の借金を抱えていることになっています。


にも拘らず、まだ毎年40兆円から50兆円ずつ借金が増え続けて

いるのです。じゃぶじゃぶお金を印刷してバラまいているから

どんどん円安が進んで国民の生活が苦しくなってきています。


その一方で、公共工事や他国援助でお金をばらまいているから

開いた口が塞がらないとはこのことです。


他国援助も大事ですが、まず自国民のほうへ目を向けるべきで、

自分の台所事情を知るべきだと思いますが、どうでしょうか。


今は国債の金利が極端に低いから助かっていますが、

金利が上昇したら、国家財政は完全に破綻します。


国家財政が破綻すれば、年金制度などいっぺんに吹っ飛んで

しまいます。国民生活も破綻します。


そうならないことを祈るばかりです。

今私たちにできることは、最悪のことを想定して年金以外の

収入の道を作っておくことが必要だと思います。


ネットワークビジネスで、真剣に自分年金作りを

検討してみてはどうでしょうか


関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1091 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional