ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

定年後も住宅ローンが残る

定年後も住宅ローンが完済できない人へ朗報!

・・・60代で自己破産のドツボ生活にならないために ・・・


国内でマンションを購入し暮らししている人は、約1500万人います。

住宅を購入する場合、普通は住宅ローンを利用します。


住宅金融支援機構の「フラット35」の利用者の平均年齢は、

マンション購入の場合、40歳で返済期間は最長35年ですが、

80歳までに完済できれば借りられるので、50歳で30年ローンを

組むこともできます。


最近の傾向としては、ローン利用者の高齢化が特に目立ってきました。

平均的にみて、40歳で35年ローンを組めば、75歳まで返済

し続けることになります。


その場合、60歳の定年時までに完済できず、年金を受給しながら

住宅ローンを15年間も返済することになります。

退職金で繰り上げ返済できればいいのですが、できない場合は最悪

自己破産ということもあり得ます。


そもそも少ない年金の中から、住宅ローンを払うこと自体に無理が

あります。ましてこんな先行き不透明な時代ですから、年金は将来

あてにできません。

60代の3割が定年後も住宅ローンが完済できない現実

金融庁の調査によれば、60代家族世帯の約3割が預貯金ゼロ

住宅ローン残が、平均約1000万円あると報告されています。

当然、老後資金の準備もないことになりますね。


定年後も働かなければなりませんが、収入はそれまでの約半分に

なるのが普通です。

60代が自己破産に占める割合は、17.5%と年々高くなっています。

原因は住宅ローンが完済できないことにあります。


本来、財産と言えば預貯金や住宅ですが、こんな不景気では、

預貯金を蓄えることは難しく、住宅が代表的な財産になります。

しかし、定年までに住宅ローンが完済できなければ、折角手に入れた

財産(住宅)も没収されてしまいます。

一生の財産になるネットワークビジネスの権利収入

もし定年後も住宅ローンが残るならば、住宅を手放さなくてもいい

方法を考える必要があります。

本業の他に、限られた時間を切り売りして働いて得る労働収入では

限界があります。ヘタをすれば体を悪くしかねません。


定年後、働かなくても年金と合わせて、本業並の収入を得ることが

できれば安心できますよね。

住宅同様に一生の財産になる方法が、ネットワークビジネス

権利収入です。


ネットワークビジネスの権利収入は、大切なご家族のために残す

財産にもなる資産的収入です。


関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 

業界初!インターネット版 AB C が夢の実現を応援

専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1494 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional