ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

安全 確実 資産形成の仕組み

ネットワークビジネスの可能性と安全確実な資産形成

記事下に【2017/4/12 日本経済新聞 より抜粋記事を付けてあります。】

純金が私たちの生活の中にどんどん入ってきます。

ネットワークビジネスの権利収入があれば本当に将来安心か?

インターネットを使ったネットワークビジネスは、

そのビジネスの手軽さから老若男女、

いろいろな職業の方が参加されています。


世間の評判は悪いにも拘らず、

なぜ参加してくる人がいるのか考えた場合、

ネットワークビジネスが全ての人の夢を叶える可能性を

持っているいるからだと思います。


昨今のような超高齢化社会になりますと、

年金、医療などの社会保障があてにならず、

自分の身は自分で守らないといけない世の中なってきました。


ネットワークビジネスは、

資金や才能、資格や学歴、性別や年齢、病気がちや

身体にハンディがあっても、どんな状況でも成功し、

あらゆる人の夢や願望を叶えてくれる可能性があります。


だた商品を売るだけではなく、今までの生活から脱却し、

夢を実現させることができる可能性があるのが

大きな魅力となっているのです。

一生懸命働けば収入は増えますが、時間がなくなります。

時間を好きな事に使えば収入がなくなってしまいます。

誰だって、経済的にも時間的にも余裕のある生活に憧れますよね。


しかしそれは財産や才能があるごく一部の人だけの特権だと

諦めて毎日朝から晩まで働いているのが現状です。

ネットワークビジネスは、

お金も才能もない一般の人でも、やり続ける熱意をもって取り組めば、

経済的自由と時間的自由を同時に手に入れるチャンスを

与えてくれるという、まさに夢のような可能性をもったビジネスです。


ネットワークビジネスの収入の特長は、自分の頑張り次第で

自分から始まる組織を構築し、そこからの収入が継続的に

得られるという、いわば権利収入です。


自分一人で小売して得る収入には限界がありますが、

組織が拡大すればするほどそこからの収入が大きくなります。


権利収入を得るようになると、生活状況ばかりでなく、

物事の考え方も変わってきます。


例えば、イタリアの有名なトレビの泉を見学に行ったら

たまたま工事中で見れなかった場合、


普通の人は「折角遥々見学できると思ったのに残念だ!」と

言いますが、権利収入を得ている人は、

「今度来るときの楽しみが増えた」と考えます。


つまり権利収入を得るようになると、

普通の人とは違った世界、余裕を持った物の考え方に

なってきて人生を楽しく生きられます。

ネットワークビジネスの権利収入は

毎月キチンと預金口座に振り込まれますが、

いくら権利収入が入るからといっても


東芝の例をみてお分りのように

創業144年の長い歴史の企業でさえ風前の灯火となって、

存続すら危うくなっています。


MLM企業も当然永久に存続するわけではありません。

いつか必ず消滅する運命にあることを忘れてはいけません。


つまり、権利収入が突然振り込まれなくなることも

想定して資産のポートフォリオを考えなければいけません


そこで安全確実な資産形成の必要性がでてきます。

すでにご存知のように、日本は借金大国です。

国が破綻するリスクが高まれば、日本の円紙幣は

紙クズ同然になってしまいます。


最近ではギリシャが国家危機に陥った時、

ニュース映像で人々が銀行に押しかけていました。

現金(紙幣)だけでもつ資産はリスクがあるのです。


つまり、現金(紙幣)以外の換金性のある資産で持っている方が

安全だということです。


これからの時代は、いつか消滅する権利収入と同時に

安全かつ確実な資産形成の仕組みも作っていく必要があります

スターゴールド

日本経済新聞朝刊に、ゴールドに関する記事が掲載されました。
以下に概要を掲載します。

<金(ゴールド)で決済、日本でも 英社がデビットカード >

買い物の支払いは金(ゴールド)で。
そんなカードが6月に英国で誕生し、来年にも日本に上陸する。
ロンドンに本社を置くグリント社がマスターカードと組んで、
即時決済するデビットカードを発行する。

顧客は金を購入、預託し、カードの使用代金分の金を売却してもらい、
支払いに充てる。
銀行が介在しない新しい決済手段のカードとして注目されそうだ。

グリント社のジェーソン・カズンズ社長がこのほど来日し、
来年にもマスタージャパンを通じて日本でデビットカードを
発行すると表明した。

グリントのデビットカードは、金に通貨と同じ役割を持たせた
新しい仕組みのカードだ。
顧客はまずグリントで金を購入し、デビットカードを受け取る。
買い物や飲食などにこのカードを使用すると、代金に相当する分だけの
金をグリントが売却し、支払いに充てる。

金価格が上昇すれば、その分、多く買い物ができる。
金相場が下落した時にまとめて金を買っておき、相場上昇を待って
カードを使えば、より多くの買い物ができる。

当初対応する通貨は米ドル、英ポンド、ユーロ、スイスフラン。
来年以降、日本円、香港ドルなどに広げる。

顧客は自分の保有する金が今、
どのくらいの価値があるのかをすぐ把握できる。

スマートフォン、パソコンなどで自分の口座を呼び出し、
金価格の変動を反映した買い物の余力金額が通貨別にわかるので、
海外での利便性も高い。

英国は金融とIT(情報技術)の融合であるフィンテックを生かした
新しい金融サービスの開発に力を入れている。

日本でも金融庁が英金融当局と連携し、
フィンテックの拡大に注力している。
金を支払いに使う新しいデビットカードは、日本国内でも来年以降、
広がる可能性がある。

【2017/4/12 日本経済新聞 より抜粋】


最後までお読みいただきありがとうございました。

a:161 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional