ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

吉永小百合 映画

吉永小百合主演、ふしぎな岬の物語本日封切り

ポスター

女優吉永小百合が初めて自ら企画から立ち上げた主演作で

「八日目の蝉」の成島出監督とともに、森沢明夫の小説

「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマが

きょう劇場公開される。



吉永小百合といえば団塊世代の男性にとっては憧れの人、

たまにテレビで拝見するが、美しさは今でも健在だ。


同世代として、勇気をもらっている。



彼女を初めて映画で見たのは、赤木圭一郎の「紅の拳銃」で知った。

私は当時、小学6年の頃だったと思う。

まさに映画全盛時代で人口5万人の町に4か所も劇場があった。



赤木圭一郎は、21歳の若さで自動車事故で亡くなった。

ファンだったのでその時の新聞記事を今でも鮮明に覚えている。



彼は、同じ日活の後輩女優吉永小百合を「ラビットちゃん」という愛称

で呼んでいた。その後彼女は彼のことを「憧れの先輩だった」と語っている。


彼の死後しばらくして登場したのが渡哲也だった。


彼のデビュー映画が封切られる前から、劇場の入り口に大きな

ポスターが貼られ、赤木圭一郎の再来という感じだったので

すぐファンになった。


私は渡哲也と吉永小百合は結婚すると思っていたが、

彼女の父親が反対して実らなかったようだ。


反対の理由は、あんないい男に娘はやれない! と言ったそうだ。

きっと渡哲也が女性にモテるから、娘が苦労すると考えたのだろう。


私が学生時代、渡哲也に逢いたくて、日活専属のクロキプロという

会社でエキストラをしていた時期があった。


ある時偶然に、撮影所事務所の入り口で渡哲也と出会って、

挨拶を交わした「おはようございます」「おはよぉ~す」って感じ。

まさか返事の挨拶がくるとは思わなかったので、感激した。



渡哲也の性格がわかるエピソード


・石原プロが映画制作の失敗で多額の負債をかかえた時、彼が有り金

を集めて200万円を裕次郎に持っていったが、裕次郎は気持ちだけ

受けてお金は受け取らなかった。彼が日活入社時から裕次郎に世話に

なっていたから。


・大概の芸能人はその筋の人を関わり合いをもつのだが、その筋の人からの

金品を一切受け取らなかったのは、彼だけだったことでも知られている。

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?





a:1491 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional