ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

初めての在宅介護

初めての在宅介護で気を付けたいこと

介護は予告なしに突然やってきます。

もし家庭で急に介護をする立場になったら、

どんなことに気を付けたらいいか考えてみました。


基本は、「自分が介護される立場だったら」と考えてみることです。


介護される人というより年をとってくると、

以前は簡単にできたことがなかなかできなかったり、

自分一人でやろうとしてもひとりではできない。


恥ずかしいことでも人に頼んで助けてもらわなければ
ならないなど・・・


介護される側にも、様々なストレスがあります。

身内の介護の場合、つい言葉や態度が荒くなりがちに

なるかもしれません。


不用意な言葉や態度がきっかけで、介護される側が

意固地になって、心を閉ざしてしまうと、介護が難しくなってしまいます。

お互いに心を開いて、楽しい時間を共有できたらいいですね。

介護で気を付けたい言葉使い

不用意にでた言葉が、介護される側の心を傷つけてしまう

ことがあります。特に、

汚い」「臭い」「重い」「またぁ~」「まだぁ~」などは

言ってはいけません。


[check]排泄介助の時「またぁ?さっきしたばかりじゃない、臭いわ!

排泄に関して、相手の差恥心やプライドを傷つけないように

注意します。介護される側が、その後水分を控えてしまって、

熱中症などを引き起こすこともあります。


[check]移動介助の時「うわぁ~、重いのねぇ、腰痛になちゃう。」

特に、女性の場合は「重い」という言葉は言ってはいけません。


[check]食事介助の時「えっ?まだ食べるの?

「まだ」も言ってはいけません。食欲は本能的なものなので

追求してはいけません。


相手の心身のの状態を的確に把握するとともに、共通の話題を

見つけながら信頼関係を深めていくことが大事になります。



関連ページ

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:966 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional