ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

冠動脈バイパス術後の経過

心臓冠動脈バイパス術後の経過

病院に行くと医師からの第一声は、決まって

「どうですか、具合は?」と尋ねられますね。


その時、「変わりありません」と答えることが多かったのですが、

最近は、「75%~80%の状態です」と答えています。


まぁ、医師と患者の挨拶みたいなものだから、特に体調の変化が

なければこんなものでしょうね。

退院後の経過報告

入院が22日間で退院後、余りにも体力が落ちてしまったことに

愕然としました。

・起き上がるのに支えが必要
・肋骨を切断したので、物が持てない
・くしゃみしても肋骨が痛む
・真っすぐ歩けない
・車の乗ると目が回る

と、こんな調子でした。


術後6か月経っても体調が60%程度の状態で、胸痛もあったので

入院して「安静心筋シンチ」と「心臓カテーテル検査」を受けた。



検査の結果、大動脈とバイパスの結合部分(縫い目)が肉厚になって、

少し狭くなっていることが判明して、そこへステントという血管を

補強する金属を入れることで様子をみることになった。


体調は70%程度になったが、胸痛は程度こそ少なくなったが

やはりおかしいということで、それから9か月後に

再度「心臓カテーテル検査」を受けた。


通常、長くても1時間で終わる検査なのですが、3時間かけて

すべての冠動脈を検査した結果、原因は前回と同じ結合部分

しか考えられないということになった。


その部分にバルーンという風船のようなもので血管を拡げる

治療をして様子見ということになったが、体調は、少し良くなった

75%くらいの状態。


ここまでで私には、二つの不満があります。

医師に文句を言っても、どうにもならないことなので医師にはいいませんが、


一つは、大動脈から心臓の入り口を繋ぐ重要な部分に、耐用年数が

短い足の静脈を使ったこと、なぜ神様がくれた贈り物の内胸動脈

を使わなかったのか


もう一つは、狭くなった原因は、心臓に負荷がかかり血流を多く

必要とするときに、バイパスが短かすぎて引っ張らて狭くなるから

という医師の説明でした。


「そんなことくらい予測して十分な長さで繋いでくれればいいのに」

というのが私の無念な気持ちです。


まぁ、命が助かっただけでも良しとしますかね。



初めての入院・大手術から社会復帰を果たした実録レポート公開中!

関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?





a:1476 t:2 y:4

}}}

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional