ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

冠動脈バイパス手術 オフポンプ

初めての入院・大手術から社会復帰を果たした実録レポート

このレポートは、あなたや大切なご家族が、もし入院という

不測の事態が起きた時に、きっとお役に立ちます。


また、今が健康でお仕事に励んでおられる方も、今の健康を

ずっと長く維持してもらいたいという想いからも記しています。

オフポンプでできた心臓冠動脈バイパス手術

心臓冠動脈バイパス手術は、平成12年に天皇陛下がおやりになられていますが、

この手術で助かる人は、年々増加しています。


心臓に栄養や酸素を送る冠動脈が狭くなって、

心臓の筋肉に必要な栄養素や酸素が届かなくなり、


心筋の一部が壊死すると、心筋梗塞で命を落とすこともあります。


狭窄がある血管に、自分の体からとった別の血管を繋ぎ、バイパスを作ります。


従来の心臓手術は、人工心肺装置を使って、心臓を止めて行っていましたが

患者への負担が大きく、後遺症の可能性もあり危険な手術でした。

今では、心臓を動かしたまま行うオフポンプが主流です。

その方が術後の回復も早く、高齢者の場合、体の負担も少なくてすみます。


オフポンプ手術が日本に紹介されて、

まだ10数年しかたっていないため腕に自信がない医師は、

オフポンプをしないようです。


また、病院の利益は、オフポンプしないほうが、80万円位儲かるようですね。

現在は、医師の腕も向上し、全体の3分の2はオフポンプ手術です。


この点は、手術前の説明の時、医師に確認しておくといいですよ。

必ずオフポンプを希望してください。

もう一つ重要なことは、どこの血管を使うか決めておくことです


一般的には、足の静脈を使いますが、この血管の寿命は、13~15年

という最近のデータがでています。


寿命が長くいい血管は、左右の内胸動脈です。

この血管は、動脈硬化を起こさない素晴らしい血管です。

神様が人間の体に予備として与えてくれました。


とりあえず命が助かれば、どこの血管でもよかったという時代から

今は患者があと何年いきられるかによって、使う血管を決めなければなりません。

できれば静脈ではなくて、動脈を使うほうがいいですね。

その他の動脈は、胃の周囲の動脈、手の動脈、腹部の壁の動脈に
あります。


医師は、患者がとりあえず助かれば、使いやすい血管を使うことも

ありますから、この点も手術前に医師に確認しておくといいですね。


長生きしたかったら、足の静脈は使わないほうがいいですよ。

医師は、取りやすく使いやすいから使いたがりますけど・・・


この手術は、はっきり言って大変危険を伴う手術で、医師の技量に

左右されるところが大きいです。


病院の選択は、命にかかわりますので、慎重に決めてくださいね。

次は、大手術前から退院まで をレポートしますね。

関連ページ


・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?




a:1468 t:4 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional