ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

先見の明 ネットワークビジネス

先見の明があれば ネットワークビジネスが人生を劇的に変える

先見の明と言えば、所ジョージさんの話が有名ですね

NTT携帯電話の代理店で2億円?!の権利収入があるようです

思い起こせば

昭和も終わろうとした頃、私がコンビニを廃業して

SC内で写真屋を始めた頃にそういう話をきいたことがあります。


NTTが携帯電話の一次代理店権利を1000万円で

募集していたそうです。、


私はその当時、SC入店する為に保証金を1050万円払い込みました。

今思うと、この1000万円の使い道が人生をわけてしまったのです。

その時、1000万円で携帯電話の代理店の権利を取得しておけば

今とは人生が180度違ったものになったと思います。

先見の明があれば人生が激変していたでしょう。

当時多くの人の考えは、

「電話なんて一家に一台あるじゃないか」

「持ち歩かなくても公衆電話があるだろう」

と見向きもしませんでしたが、それに先見性を感じた所さんは

代理店の権利を買いました。


現在では、携帯電話は小学生からお年寄りまで1人1台以上。

日本全国で1億4000万台も普及してしまいました。


そして、所さんには、携帯電話の使用量の数パーセントが

毎月不労所得として入り続けています。

その額推定月2億円?!って言うから凄いです。

おそらくこれに似たようなチャンスは、誰にでも巡ってくるのですが、

ほとんどの人が先見の明がないのでそのチャンスに気がつかないのです。

インターネットを使ったネットワークビジネスがチャンスなのでは。



これと同じようなチャンスがまだ本当に始まったばかりの

インターネットを使ったネットワークビジネスではないか思っています。


インターネットを使ったネットワークビジネスは、12年前から

ありましたが、1社独占の時代でしたから先見の明があった

いち早く始めた人だけがその恩恵を手に入れたのです。


時代が変わり、インターネットが生活の中に入り込んで、

インターネットを使ったネットワークビジネスは、

1社独占の時代は終焉し、数はまだ少ないが

ネットワークビジネス会社を選べる時代になりつつあります。


これによって競争の原理が働き、勢いが加速し、

先見の明をもった人が多く参入してくると思います。


ネットワークビジネスのマーケットは、個人事業主が主体であるため

いくら大資本の大企業が参入したくても参入できないのです。

ここに先見の明をもった個人にチャンスがあるわけです。


すでにこのチャンスに気づいた先見の明をもった個人が、

今続々と参加してきています。


携帯電話ほどハイリスクハイリターンではない、

ノーリスクハイリターンのネットワークビジネスは

やってみる価値はあると思います。

このチャンスがいつまで続くかはわかりませんが、

チャンスであることは間違いないと思っています。

1000万円がない人でもチャンスがあるのです。

流行る前から「これは流行る」と目を付けられる先見性ってスゴイです。


でも、流行って誰でもやる頃では、もう遅いんですよね

やっぱり一番おいしいところは流行る前にしかありません。


最後までお読みいただきありがとうございました。

a:132 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional