ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

ワーキングプアとネットワークビジネス

貧乏人は一生、貧乏人増産のアベノミクス

  • 国が富んでいれば、個人はどうでもいい
  • 大企業が儲かれば、中小企業はどうでもいい
  • 社長が金持ちなら、社員は貧乏暮らしでいい

日本のトップリーダーからこんな声が聞こえてくるように

感じているのは、私だけではないはず・・・


日本の個人金融資産は、1400兆円で、アメリカについで

世界2位、大企業は減税効果で内部留保(貯金)が、

300兆円も貯めこんでいるという。


こんなに日本は世界有数の金持ち国家なのに、

  • なぜ、庶民は生活が苦しいのか?
  • なぜ、サラリーマンは安月給を強いられているのか?
  • なぜ、生活保護世帯が過去最悪を更新しているのか?
  • なぜ、金持ち国家なのに増税する必要があるのか?

どうにも納得がいかない、

何もかもつじつまが合っていないと思うのだが、、、


このままいったらどんどん貧富の差が拡大してしまい、

最悪なのは、格差社会に慣れて、それが当たり前のように
なりつつあることです。


金持ちはますます富んで、貧乏人は一生、貧乏から

抜け出せなくなってしまいます。


すでに日本の経済は、資本主義の悪い方向すなわち

階級の固定化が進んでいるのではないでしょうか。


日本は資本主義国家だから仕方ないということでは

済まされない問題だと思います。


それを是正し、弱い者に光を当てることが政治の使命、

役割ではないでしょうか。


もしもこのままの状態が続けば、大多数の人たちは未来に

希望がもてなくなり、社会は荒廃してしまいます。

ワーキングプアの増加が今の日本を象徴している

ワーキングプアとは、正社員と同じようにフルタイムで働いても、

貧困から抜け出せない就業者のことで、アメリカでいわれ始めた

ことばで、「働く貧困層」「働く貧者」と訳されています。


正社員並みにフルタイムで働いても、またはその意思があっても

生活保護水準以下の収入しか得られない就業者のことで、

働く貧困層ともいわれています。


もはや日本は、努力しても報われず、一部の大儲けしている

ずる賢い連中だけが一財産を築いているのです。

あなたは、本当にこうした世の中を望んでいるのですか?

インターネットを使ったネットワークビジネスが救世主

ワーキングプアの人たちにとって、インターネットを使った

ネットワークビジネスは、副業が可能で、在宅で空いた時間

にできることで今注目されています。


こうした一見細やかにも見える抵抗が、やがて大きなうねり

となることを信じて、まずは行動することが大切だと思うのです。


将来、当てにならない公的年金の代わりにもなる

ネットワークビジネスの権利収入は、自分年金作りとして

最適なビジネスなのです。

関連ページ

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1226 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional