ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

フリーランス ネットワークビジネス

フリーランスがネットワークビジネスで日本を救う日

フリーランス

韓国のセウォル号事故や台湾大地震で手抜き工事が原因で崩壊したビル、

中国のPM2.5などの公害問題などををみると、それらの国々は

日本より10年遅れていることを実感してしまいます。


その反面、アメリカを見れば日本の10年後がわかるといわれてきました。

もし今でもそれが事実なら、日本のネットワークビジネス業界は

10年後には凄いことになります。


私は今の日本の現状をみると、ネットワークビジネス業界が国民を

救うというより、国家を救うような気がします。


ここ数年の間に日本の終身雇用制度や年功序列賃金制度は、

完全に崩壊してしまいました。


これから先の日本の雇用形態がどうなっていくのかを考えるには

今のアメリカの現状を見れば大体推測できます。

アメリカと日本のフリーランスの実態をみれば大体わかる

Wikipediaによればフリーランスとは、
特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供する
ことにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。
と定義している。

また日本の職業分類では個人事業主や自由業に該当される。


以下の数字資料は、ランサーズが発表した2015年3月26日に日本初となる

「フリーランス実態調査」から抜粋加筆しています。


どんな仕事の形態がフリーランスに該当するかというと、

そのタイプは次の4つに分類されます。


[check]副業系すきまワーカー(593万人、調査対象の7.8%)
特定の会社に常時雇用されているが、副業もしている

[check]複業系パラレルワーカー(124万人、調査対象の1.6%)
雇用形態に関係なく2社以上の企業と契約して仕事をしている

[check]自由業系フリーワーカー(75万人、調査対象の1.0%)
特定の勤務先はなく独立したいわゆるプロ

[check]自営業系独立オーナー(436万人、調査対象の5.8%)
個人事業主・法人経営者で、1人で経営している

フリーランスはすでに、日本国内に1,228万人もいます。

労働人口の19%にあたる人数です。

5人に一人がフリーランスという計算が成り立ちます。


では、今のアメリカのフリーランスの状況がどうなっているみることにします。


2014年のアメリカのフリーランス実態調査では、

フリーランスとして収入を得ているのは、5300万人

アメリカの労働人口の34%の人々が該当しています。

アメリカでは仕事をしている3人に1人がフリーランスで仕事をしている

ということになります。


さらに経済規模でみると、日本の16兆円に対して、72兆円がアメリカの経済規模。

フリーランスの割合・経済規模ともに、圧倒的に大きいことが分かります。


日本に多くみられる傾向として、

「やりがいや生活費の補助を目的に、週数時間程度を副業に充てる人」

も該当します。


また常時雇用されている人の場合、副業を持っていることを公にしていない

ケースも多くあるようです。


副業系すきまワーカー(593万人)という結果をみると、

あなたの案外身近な人も、こっそり副業による収入を得ているかもしれません。

全フリーランスの半数近くが副業系すきまワーカーという調査結果が

それを物語っています。

サラリーマンで働くことがリスクになる時代になってくる

日本の会社組織は古い体質から抜けきらず、上司が部下を押さえつける

パワハラが多いのが現状ではないでしょうか。
(脱サラして時間が経つのでわかりませんが???)


嫌々会社に行って、上司の顔色を伺いながら仕事をしている人もいるのでしょうか。

私には、なんでそんな会社にしがみつくのか不思議で仕方がありません。

会社にしがみついていれば安心という時代はとっくに過ぎています。


そもそも私には派遣契約で期限付きで働く人の考えが理解できません。

私だったら実力(スキル)を身に付けてフリーランスを選択します。

もはやサラリーマンで働くことがリスクになる時代になるかもしれません。


気がついたら、自分だけリストラに怯えながら会社人間に留まり、

周りがフリーランスで退職してしまったということにもなりかねません。


最近のアメリカの統計でフリーランスが増えているということは

起業家が会社を作らずにひとり起業をしているということでもあります。


フリーランスが増えている背景には、インターネットという優れた

ツールがあるからです。

日本の会社が変われないでいる間、アメリカの会社組織は

大きな変革を遂げていたようです。


もう一度繰り返します。

アメリカの労働人口の3人に1人がフリーランスという現実は

やがて日本もそうなる可能性が高いということです


特定の会社に常時雇用されているが、副業もしているという

副業系すきまワーカーがすでに、593万人もいる現実を見て

それでも安心して会社勤めだけを続けることができますか?


本業に負担をかけず、すきま時間を有効活用して無理なく収入を

増やせる在宅のネットワークビジネスが注目されています。

先見性をもった多くのサラリーマンがこっそりやっている副業はこれです!
あなたも乗り遅れないように・・・

ここで使用している数字資料は、ランサーズ株式会社が、
2015年3月12日~3月19日に全国の20~69歳の男女を対象として行なったものです。



この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように

最後までお読みいただきありがとうございました。

a:920 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional