ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

ネットワークビジネス 高齢者

知らないではすまされない 待ったなしの親の介護問題

私の母は90歳と高齢。

病院通いとお墓参りによく付き合わされています。


私は3人妹弟の中では、母に一番苦労をかけてしまったので

今では二つ返事で母の言うことをきいています。


母は、妹の家で生活しているのですが、

実の母と娘なのに喧嘩ばかりしています。


つい最近も母がいよいよ我慢できず、妹宅を出て高齢者住宅に

入りたいということを私に言ってきました。

仕方ないと思い、母の言うことを聞くことにしました。


関係方面に問い合わせて調べた情報を、私と同じような環境の

方も多くいらっしゃると思い共有したいと思います。


まず、母は90歳と高齢者ですが、要介護や要支援認定を

受けていません。自立という部類になります。


なので、ケアハウス(軽費老人ホーム)に入所するようになります。

最近では、サービス付き高齢者向け住宅という名称で

あちこちに増えてきました。

サービス付き高齢者向け住宅とは、詳しく定義すると、

バリアフリー対応の賃貸住宅で、主に自立(介護・支援認定なし)

あるいは軽度の要介護状態の高齢者を受け入れています。


生活相談員が常駐し、入居者の安否確認や様々な生活支援

サービスを受けることができるという施設です。


私が実際に訪問して見た感じでは、

3度の食事と安心サポート付ワンルームマンションといった感じです。

入居後、重度の要介護状態になっても施設によっては

住み続けられるという大きなメリットがあります。


私が訪問した高齢者施設の詳細は、

入居の主な条件

1.60歳以上で自立または要支援1か2の方

2.認知症でない方など


利用料金

1.入居保証金:29万円

2.生活費(食費)+家賃+サービス提供に要する費用=月額利用料金


サービス提供に要する費用というのは、県が定めた収入額(年金等)

に応じた負担金のことで、最低は月額1万円から最高は8万円まで

の差があります。


具体的に必要な月額費用は、年収200万円の場合、

13~15万円程度ではないかと思われます。


高齢の親を一人で生活させることも心配な場合は、同居が無理ならば

こういった高齢者施設を利用できますが、現実問題として私が訪問した施設

では空きがでなければ入居できない、いわゆる順番待ちということでした。


年金が月額15万を超える人は、これからはかなり少なくなります。

現実的にはこういった高齢者施設を利用するお金がなくて自分の家で親を

最後まで看るという人たちが多くでてくると思われます。

私にもこういう問題で悩んでいる方からの問い合わせを

多くいただいています。

例えば原文のまま紹介しますと、

いつもメール有り難うございます。登録してすぐにでもビジネスを
スタートしたいのですがとにかく資金がほとんどないのです。
母の介護施設の費用と医療費が生活を圧迫して預金もほとんどない
現状です。こんな私がビジネスを始めることは難しいでしょうか?



在宅インターネットでできるネットワークビジネスは、

すぐには収入にならなくて、年単位の時間がかかってしまいます。


このような切羽詰まった状態になる前から準備するなら

ネットワークビジネスは本当にありがたい有効な手段です。


こういう状況が予測されるなら、今から準備されたほうが

良いと思います。

この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように

最後までお読みいただきありがとうございました。

a:223 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional