ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

ネットワークビジネス 掛け持ち

ネットワークビジネス掛け持ちで損をする実態

一般の人がビジネスの掛け持ちをするのは、詐欺に引っかかることと同じです。

心にスキがあるから、甘い言葉に引っかかってしまいます。


なるべく楽して儲けたいと考えて、すぐに100万円稼げるという

言葉を信じてしまいます。

そんな人が多くいるから、いわゆるトップリーダーといわれる人達が

年収億単位を稼げるのです。


すべて甘い話に誘われた犠牲者がトップリーダーとその取り巻き連中を

稼がせているという構図です。

これは、新規外国のMLM企業が日本に上陸する場合によく起こります。

新規MLM企業がスムーズに軌道に乗せるために、

まずトップリーダーを誘い込みます.



トップリーダーの回りには金魚の糞のようにトップリーダーについて

いる取り巻き連中がいます。


彼らはそれなりのエサをもらっているのでトップリーダーと

行動をともにしています。


実際この金魚の糞のような人たちが甘い言葉をかけて一般の人を誘い込んでいます。

一番損をするのが、この一般の人たちです。

新規MLM企業がオープンと同時に、トップリーダーはタイトルをとり、

億単位の収入をもらうのです。


その取り巻き連中も多少美味しいエサにありつけるから、

トップリーダーについてMLMの掛け持ちをして

美味しい部分のおすそ分けをもらっているのです。


しかし、一般のメンバーや新たに甘い言葉で誘われて参加するメンバーは、

いつかは自分にも美味しいエサにありつけると思って掛け持ちをさせられます。

そのうち定期購入する製品ばかりが多くなって、

経済的に負担が大きくなり初めて騙されたことに気が付きます。


気が付かない人はまた同じような結果を繰り返しているのです。

昔からある構図なので、次から次と新規参入者の犠牲で成り立っています。

今でもありますからご注意を!



この良縁によってあなたに七つの幸福が授かりますように

最後までお読みいただきありがとうございました。

a:335 t:4 y:2

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional