ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

ネットワークビジネス 介護離職

高齢化社会で離職者が急増中!介護地獄の深刻

今後高齢化社会になるにつれて、

介護離職という大きな社会問題があります。


介護する者に対する企業や行政の対応はまだまだ不十分な状況です。


総務省の調査では、

介護をしながら働いている人は全国で291万人いて、介護と仕事の

両立が難しく、仕事を辞める人は年間10万人に上るといいます。


また、総務省就業構造基本調査によると、

家族の介護や看護のために離職・転職した人は、2006年10月からの

1年間で、なんと約14万4800人前年同期比で4割も増えています。

これは過去10年間で最も多い数字だということです。


年間で10数万人以上ずつ増加していけば、本人は勿論、その多くは

40~50代の働き盛りですから企業にとっても大きな痛手となります。


ある大手商社では、親の介護を理由に海外駐在を避けたいと希望する

管理職も出てきているといいます。


いったん仕事を辞めると再就職は困難で、

やがて介護をする人が生活保護に頼るようになるという

最悪のケースも想定されています。


肉親の介護のために、生活の糧である会社を辞めなくてはならない。

多くのサラリーマンにとって、そんなことは一昔前なら考えられなかった

ことですが、今やそんなケースが珍しくないというから、驚きです。


景気不況を反映してか、すでに子供世代が自分達の生活で手一杯で

親の面倒までみる余裕がなくなってきています。


大介護時代が想定されることを考えれば、

まだ他人事だと安閑としていられる状況ではないことに早く気付いて、

対策を自分達で考えるときにきています。


老人ホームとか介護施設は将来的には、お金持ちしか利用できない

状況になることが予想されています。


とはいえ、この介護離職をしないためにはどうすれば良いのかは

一朝一夕に解決できる問題ではないので、国の社会保障をあてに

しないで自分達の問題として対策を考えておく必要があると思います。

介護離職解決の鍵は インターネット在宅 にある

在宅介護をしていると、長時間の外出は難しくなります。

介護費用や生活費は、親の年金で賄えれば良いけれど、

自分もどんどん年もとるし、たとえ介護から解放されたとしても、

その時点では、仕事も選べないし再就職は難しくなります。


それなら今から、介護しながら在宅でできる仕事を見つけて、

介護から解放されてもそのまま継続できる仕事が一番良いことになります。


そう考えれば、インターネットで在宅でできるネットワークビジネス

がますます世間から注目されてくると思われます。


将来の自分年金にもなるネットワークビジネスからの権利収入は

本当に有難い収入になることは、間違いありません。


関連ページ

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?






a:1079 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional