ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

トップページの作り方 ネットワークビジネス

サイトの顔・トップページの作り方

インターネット普及当初は、ホームページというと、

トップページのことを意味していました。


各大手企業がホームページを作り始めた時、

まさにトップページは企業の顔を表していたのです。

ネットワークビジネスにおいてもトップページは、

そのサイトの顔になります。

本に例えるなら、表紙や裏表紙、はじめにや目次に相当します。


つまり、トップページを見ただけでどんなサイトか何が載っているか

わからないといけません。

具体的なトップページの作り方

ネットワークビジネスの場合は、記事をカテゴリー毎に分けて

メニューバー(サイドバーともいう)に作るのが一般的です。


つまり1回クリックするだけで,、すぐ記事へ移動できるようにします。

記事数が多くなってきたら、2回クリックさせて記事に移動する

方法もあるが、ビジネス初心者向きではありません。


いずれにしてもページ数自体が少ない場合は、トップページから

ワンクリックで全ての記事に移動できるように作るほうがいいですね。


だが記事が増えてくると、デザイン的に悪くなって見づらくなる

ので工夫が必要になってきます。

つまりユーザビリティ、使い勝手の良さがもとめられます。

    
メニューが字数がバラバラで、行間も狭く、見にくい対策としては、

カテゴリーの間にバナーやイラストを挟むとか、字色をblackではなく、

dimgrayに変えたり、番号をつけたりすると見やすくなります。


常にヤフーのトップページを意識すれば、

間違いのないサイトをつくることができます。

記事コンテンツの作り方の注意

頭が白紙の状態でいきなり記事を書こうとしても、

天才でない限り書けませんね。


なのでまず自分が書きたい内容をランダムに書きだして、

カテゴリー別に分けてストックしておきます。これをインプットといいます。

インプット量が多くないと、アウトプット記事を書くことはできません。

記事を書けない人は、圧倒的にインプットがすくないからです。

具体的には、自分のサイトに設定したキーワードに敏感になっておく

新聞や週刊誌、街のポスターや看板にキーワードに関係した

ものを見つけたら、すぐメモするか切り取ってファイリングします。


そうしてトップページの内容を構成する記事の概略を大雑把に作る

あとはその都度修正・リライトをしていけばいいわけですね。


くれぐれも最初から完璧を目指さないこと。

あくまでもネットワークビジネス初心者を相手にわかりやすく

書くことが大事です。

トップページの構成

トップページの構成で注意することは、URLをクリックして

最初に目にする部分(アイキャッチ、タイトル、ナビ、メニュー)や

本文の大見出しからその直下5行くらいまでは、一番重要な部分なので

細心の注意を払って作ります。


ここでユーザーに注意を持たれないと、サイトからすぐ去ってしまいます。


そこから下の構成は正解はないので、自分で考えますが、

一般的には不安や悩みを持っている人が対象なので、

そういう人達に共感を得るための内容から始まって、その悩みや不安は

ネットワークビジネスで私は解決できましたよ。


私はこんな経験をして今は楽しくビジネスしています。

私が成功した詳しい情報を知りたかったら、このサイトに

一杯載っていますから見てくださいね。

という感じでまとめるのが一般的ですね。


自分にしかない特徴(売り)これをセルフブランディングといいます。

セルフブランディングも重要な要素になってきます。


自分が求めているターゲットに集客を絞る、つまり万人受けしない

ように作ることも大切です。


記事を書くことによって、自分にコミットメントする気持ちも大切です。

時間がなかったりせっかちな訪問者も多いから、資料請求バナーを適当に

数か所貼っておくことも必要ですね。



ご案内資料はコチラ

最後までお読みいただきありがとうございました。

a:270 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional