ネットワークビジネスで理想のライフスタイルが実現できます。初心者でも口コミ勧誘なしで成功する、在宅副業で一生涯権利収入を獲得。ネットワークビジネスで成功に導くまで全力サポートします

サ高住 介護問題 悩み 解決

介護の実態と今後の展開 「サ高住」が救世主となるか?

厚生労働省の調査で、
団塊の世代が全員75歳以上になる2025年には、

介護職員が、約30万人も不足することがわかりました。


今まさに、日本の介護問題は、大きな転換期を迎えています。

政府は、団塊の世代が、75歳以上になる2025年には、

65歳以上の5人に1人にあたる700万人前後が、

認知症になるという新たな推計を公表しました。


さらに「特別養護老人ホーム」通称特養の入居条件の

改定は、高齢者とその家族にとって厳しい時代となりそうです。


つまり、現在、特別養護老人ホームは全国に7752か所あり、

入居している高齢者は全国で約47万人、

入居待機者は、約40万人に上るとみられています。


増大し続ける介護給付費を抑制するため、

ただでさえ入居するのが困難であるのに、2015年からさらに、

新規の入居条件が原則「要介護度3以上」と規定されるのです。


「要介護度1や2」の高齢者は、

新規の入居ができなくなってしまうのです。

家庭で高齢者の介護をしなければなりません。


時代に逆行してどんどん厳しくなる介護問題は、

どうなってしまうのでしょう。

そこで今、注目されているのが「サ高住

「サ高住」とは、サービス付き高齢者向け住宅のことです。

サービス付き高齢者向け住宅とは、

併設された介護・医療と連携し、「高齢者住まい法」の改正により、

高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住宅です。


この制度は、高齢者が安心して生活できる住まいづくりを

推進するために制定されました。


費用がリーズナブルな施設が多いことなどから注目が集まり、

件数もここ数年で飛躍的に増えています。

「サ高住」はハードとソフトの両面で快適な生活が可能

住宅としての居室の広さや設備、バリアフリーといったハード面の
条件を備えていることと、

ソフト面でも、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを

提供し、高齢者が安心して暮らすことができる環境を整えています。


高齢者単身・夫婦世帯が、安心して居住できるバリアフリー住宅です。


また、デイサービスを併設している施設が多く、

介護が必要な高齢者を職員が部屋まで迎えにいって、デイサービス終了後

には部屋まで送るなど快適に過ごすことができます。


入居は、利用権方式である一般的な有料老人ホームとは異なり、

賃貸借契約となる場合が多く、終(つい)の棲家(すみか)として

安心して生活することができます。


費用的には、地域や施設のよって異なりますが、

私が住んでいる地域の「サ高住」月額負担は、

大体、月10万円程度だと思われます。

家賃・・・37700円~58000円(部屋の広さによる)
共益費・・10000円
食事代・・32400円
その他・・10000円(施設利用代実費)


ただ懸念することは、今後施設利用者が増えてきて、

介護職従事者の不足が大きな問題となっていますので

需給バランスが崩れてくることが予想されます。

介護職、25年度には30万人不足…厚労省推計


施設は民間企業が運営していますので、

利用料は明らかに値上げ傾向になっていくものと思われます。

経済的な準備だけは、早めに計画しましょう。


関連ページ

・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *・゜☆゜・*:.。. ☆.。.: *:.。. ☆.。.: *・゜ 


専門チームがあなたを救う!

インターネットだけで成功できるネットワークビジネス まだ始まったばかりです!

女性と犬

  • ホームページでは、諸々の規則によってすべてをお伝えすることができません
  • ご希望の方は以下からお申込み頂くと、無料で動画&資料とフォローメールで
  • 私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをすべて公開しています

矢印
成功の扉

このビジネスは、特別な能力は必要ありません。

正しい方法で学んで途中で諦めなければ、誰もが成功できます。

不安を期待に変えて、安心できる豊かな生活へと導いてくれます。

仲間と稼ぐ喜びを実感し、楽しみながら望みを叶える究極の方法とは?





a:1128 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional